予防接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザの予防接種は毎年10月中旬頃から開始します。
抗体ができるまでにおよそ3週間ほどかかります。
インフルエンザが流行する1月に間に合うよう、12月中旬頃までに接種を受けることをお勧めいたします。
 
毎年、流行を予測し、A型2種類、B型2種類のワクチン株を混合した4価ワクチンです。
 
13歳以上 3000円/回
公費負担のある方 65歳以上 1500円(1回のみ)
 
12歳以下 1回目 3000円 2回目 2000円
他院で初回、当院で2回目の場合、3000円
3歳未満は1回0.25ml、3歳以上は1回0.5ml。
 
副反応について
接種を受けた部位が赤くなる、腫れる、硬くなる、熱を持つことがあります。これらの症状は2~3日で消失します。
また、発熱、頭痛、だるくなる、などの症状が出ることもありますが、これも2日ほどで軽快します。稀に、体質によってアナフラキシーショックなど、重篤な副作用があります。
 
卵アレルギーのある方
現在のインフルエンザワクチンは精製技術が進化し、卵アレルギーを起こす成分はほぼ除去されています。
しかし、過去にワクチン接種を起こしたことのある方は注意して接種する必要があります。
 

ページトップへ